Regional Science Association of Spa, Japan  
トップページに戻る































第3回熱海温泉観光士&第7回温シェルジェ養成講座のご案内
                                                 主催:熱海市・日本温泉地域学会
                                                  企画:NPO法人 エイミック

 第3回熱海温泉観光士および第7回温シェルジェ養成講座は、下記のように熱海市(企画:NPO法人エイミック)との共催で、平成28(2016)年2月18日(木)午前9時半から2月20日(土)正午まで、静岡県熱海市で開催されます。合格者には[温泉観光士」と「温シェルジェ」の二つの認定書が授与されます。また、初日の2月18日(木)の午後5時からは、講師陣との懇親会も企画されています。
 定員に達し次第、締め切りますので、皆様早めにお申込み下さい。
(2015/10/8)

本講座は盛会のうちに無事終了しました。アルバム集をご覧下さい(2016/4/1)

アルバム集

   
 講座風景 (於、熱海市医師会、2月18日)        温泉医学講義・前田講師(同所、2月19日)

   
 世界の温泉地講義・山村講師(同所、2月18日)      講師と受講生の懇親会(2月18日、熱海市内)

    
 懇親会での内田医師(エイミック)の挨拶(2月18日)  修了式・石川会長・小倉理事長より証書授与(2月20日)           

          
  温泉学野外実習・大湯間欠泉など(2月20日)           熱海新聞で講座紹介(2月21日付)


第12回草津「温泉観光士」養成講座のご案内 (2015/3/29 )         

                                主催 日本温泉地域学会
                                後援 群馬県草津町
 日本温泉地域学会は、天与の恵みである温泉資源を保全し、その適正利用を図る中で、全国の温泉地がそれぞれに個性豊かで持続可能な温泉地域社会を形成し、多くの人々の観光や保養のために活かすことが最も求められていると考えて、平成15年5月に草津町で設立されました。草津町は学会の趣旨に賛同し、日本温泉地域学会主催の「温泉観光士」養成講座を毎年すでに11回実施しました。その他に昼神温泉・別府温泉・鴨川温泉・熱海温泉でも開講されて好評でした。今回、日本温泉地域学会の自然・人文・社会の各分野のすぐれた専門家を招聘し、民間大学ともいえる草津「温泉観光士」養成講座を開催することにしました。この講座では、講師の先生方に大学レベルの内容を平易に講義していただき、受講者が温泉学の総合的学習を踏まえて温泉の本質を理解し、観光・保養温泉地域の発展・活性化に寄与する実践力を身につけることを意図しています。
講座は盛会のうちに無事終了しました。記念アルバム集をご覧下さい(2015/12/25)

受講者 :18歳以上の方であれば、どなたでも参加できます。募集人員は約50名(申込み順で締切ります)。
開催日 :平成27年9月28日(月)〜9月30日(水)の2日半
会場  :草津町役場4階大会議室(群馬県草津町草津28番地)
交通  :
JR吾妻線・長野原草津口駅よりバス25分、終点・草津温泉停留所そば。
受講料 :1名 10,000円 (教材費・認定証代などを含みます。宿泊費、交通費は各自負担です。)
資格認定:最終日(30日)に試験を実施し、出席状況や試験結果、翌日の野外実習参加を踏まえて、合格者には日本温泉地域学会認定の「温泉観光士」の証書を授与します。
宿泊   :草津温泉旅館協同組合(Tel. 0279-88-3722)で宿を紹介します。
       ※前日、当日のキャンセルにつきましては受講料の返金はできませんのでご了承ください。
参加申込:今年度より申込み窓口が日本温泉地域学会から草津町役場観光課となりました。受講希望者は必ず申込用紙に氏名・住所・年齢・性別・職業・電話番号を明記の上、9月14日(月)(必着)までに下記まで郵送またはFAXにてお申し込みください。その後、必ず受講者氏名を入れて受講料を銀行振り込みで入金して下さい。受講料納入をもって申込完了とします。なお、草津町内在住の方は、直接草津町役場観光課に受講料を納入し、申し込んでください。入金確認後、養成講座開催1週間前を目処に参加案内を発送いたします。
  〒377-1792
  群馬県吾妻郡草津町草津28
  草津町役場観光課 草津温泉観光士養成講座実行委員会 宛
          (電話 0279-88-7188 FAX 0279-88-0002)
  受講料払込先:銀行振込 群馬銀行草津支店 普通預金 口座番号:205-0429709 
         加入者名 草津「温泉観光士」養成講座実行委員会


講座プログラム
928日(月) 受付・午前9時30分。 午前9時45分開始〜午後4時30分終了。  
開講に際して                                   草津町長 ・ 黒岩信忠    

講義内容について               日本温泉地域学会会長・石川理夫  
@温泉地学(温泉とは・湧出機構・保護と利用)    京都大学名誉教授・由佐悠紀    
A温泉化学(温泉成分・温泉分析・温泉管理) 中央温泉研究所専務理事・甘露寺泰雄  
      昼休み                                            
B温泉医学(温泉療養・入浴法・温泉と健康)   国際医療福祉大学院教授・前田眞治     
C温泉生物学(温泉微生物・レジオネラ属菌)      東京理科大学嘱託教授・長島秀行     
D温泉工学(温泉掘削・集中管理・浴槽)         国際温泉研究院代表・浜田眞之    
9月
29日(火)
受付・午前9時45分午前10時開始〜午後4時終了。
E温泉観光学(日本温泉地の発達と活性化)       千葉大学名誉教授・山村順次   
F世界の温泉地(各国温泉地の発達と現状)       千葉大学名誉教授・山村順次
    
                   昼休み                                  
G温泉文化論(温泉文化史・温泉地域資産)           温泉評論家・石川理夫    
H温泉法学(温泉法・温泉行政・温泉権)          流通経済大学講師・布山裕一    
I試験                                                     
9月30日(水)受付・8時45分。午前9時開始〜12時終了。                  
J温泉学野外実習と修了式          石川理夫・山村順次・長島秀行・浜田眞之   
     

アルバム集

  
講義風景:浜田講師(草津町役場大会議室、9月28日)  講義風景:山村講師(同所、9月29日)

  
講義内容に関する試験 (同所、9月29日)          野外実習: 滝下通り (9月30日)                   

  
野外実習:草津中和工場 (9月30日)             野外実習:温泉施設「大滝の湯」前にて (9月30日)

    
野外実習:草津時間湯 (地蔵の湯にて、同日)        修了式:石川会長より「温泉観光士」証書授与(同日)


    第11回草津「温泉観光士」養成講座のご案内(第4報) (2014/9/11)         

                              主催 日本温泉地域学会
                              後援 群馬県草津町
第11回草津「温泉観光士」養成講座を下記の要領で開催します。
この講座は、専門家による講師陣のもとに大学レベルの内容を平易に講義し、受講者が温泉学の総合的学習を踏まえて温泉の本質を理解し、観光・保養温泉地域の発展・活性化に寄与する実践力を身につけることを意図しています。講義・野外実習・試験からなり、試験合格者には「温泉観光士」の認定書が授与されます。
   講座は盛会のうちに無事終了しました。アルバム集をご覧下さい(2014/10/2)
 
受講者 :18歳以上で学習意欲のある方。募集定員は50名
日時  :平成26年9月24日(水)9時30分〜9月26日(金)12時
会場  :草津町役場4階大会議室(群馬県草津町草津28番地、TEL 0279-88-0001)
交通  :(電車の場合
)JR吾妻線・長野原草津口駅よりバス25分、終点・草津温泉停留所そば。
参加費 :1万円 (宿泊費、交通費は各自負担です。)
参加申込:日本温泉地域学会事務局宛に下記の郵便振替で参加費1万円を振り込み、通信欄に参加者の氏名、年齢、職業、住所、電話番号を書いてください。
    振替口座番号:00190-6-462149 加入者名:日本温泉地域学会
       草津町民は草津町観光課(TEL 0279-88-7188)へ直接申し込み、参加費を納入してください。
     詳しくは草津町役場ホームページをご覧ください。
     

講座プログラム(一部変更しています)

924日(水) 受付                                         930
開講に際して                                      草津町長・黒岩信忠    945~ 950
講義内容について               日本温泉地域学会会長・石川理夫    950~1000
@温泉文化論(温泉文化史・温泉地域資産)            温泉評論家・石川理夫      1000~1100
A温泉化学(温泉成分・温泉分析・温泉管理)中央温泉研究所専務理事・甘露寺泰雄      1110~1210
      昼休み                                             1210~1310
B温泉医学(温泉療養・入浴法・温泉と健康)  国際医療福祉大学院教授・前田眞治      1310~1410
C温泉工学(温泉掘削・集中管理・浴槽)          国際温泉研究院代表・浜田眞之      1420~1520
D温泉観光学(日本温泉地の発達と振興)          千葉大学名誉教授・山村順次      1530~1630
9月
25日(木)

E世界の温泉地(世界温泉地の発達と特性)     千葉大学名誉教授・山村順次     10 : 00~11 :00
F温泉生物学(温泉微生物・レジオネラ属菌)     東京理科大学嘱託教授・長島秀行      1110~1210
                   昼休み                                   1210~1310
G温泉地学(温泉とは・湧出機構・保護と利用)   京都大学名誉教授・由佐悠紀     1310~1410
H温泉法学(温泉法・温泉行政・温泉権)      日本温泉協会事務局長・布山裕一     1420~1520
I試験                                                     1530~1600
9月26日(金)
J温泉学野外実習と修了式       石川理夫・山村順次・長島秀行・浜田眞之         900~1200

アルバム集


   
 黒岩・草津町長の挨拶(草津町役場大会議室) 石川・日本温泉地域学会会長の挨拶(9月24日)

   
 講義風景(同会場、9月24日)              野外実習:時間湯(地蔵の湯、9月26日)

   
 野外実習:滝下通り(9月26日)           「温泉観光士」授与式後の記念撮影(9月26日)



第2回熱海温泉観光士養成講座のご案内

 第2回熱海温泉観光士養成講座および第6回温シェルジェは、下記のように、NPO法人エイミックとの共催で、平成26年2月13日(木)午前9時半から2月15日(土)正午まで、静岡県熱海市で開催されます。合格者には[温泉観光士」と「温シェルジェ」の二つの認定書が授与されます。また、初日の2月13日(木)の午後8時からは、講師陣との懇親会も企画されています。定員に達し次第、締め切りますので、皆様早めにお申込み下さい。(2013/10/3)
           講座は盛会のうちに無事終了しました。アルバム集をご覧下さい(2014/3/7)
 


アルバム集
 講座の様子は、2月13日に信濃毎日新聞、14日に静岡新聞、熱海新聞、伊豆毎日新聞で報道されました。

 
  
 祝辞:斉藤栄・熱海市長(2月13日、市医師会)  挨拶:石川理夫・温泉地域学会会長(同)

   
 挨拶:小倉一朗・エイミック理事長(同)        温泉化学講義:甘露寺泰雄講師(同)

     
 世界の温泉地講義:山村順次講師(2月14日) 懇親会挨拶:内田實・エイミック前理事長(2月13日)

   
 温泉観光士・温シェルジェ認定証授与式(2月15日)  満開の熱海桜(2月13日)


 
   これまでの講座                           (本頁の無断転載を禁止します)